税金と保険の情報サイト
 税金と保険の情報サイト

海外の評価は? 原爆資料館の「被ばく再現人形」怖いから撤去

税金
節税
保険サービス
社会保険
海外
比較
セミナー
助成金

海外の評価は? 原爆資料館の「被ばく再現人形」怖いから撤去

このエントリーをはてなブックマークに追加




リニューアルで被ばく者人形を撤去
広島市にある平和記念資料館で、リニューアルにあたりやけどを負った被ばく者を再現した人形の撤去方針が示されている。訪れた子どもが怖がる、などの理由だが、同館の展示は海外からの見学者にも高評価されてきた。
被ばく人形
子どもが怖がるから
同記念資料館は広島市に落とされた原子爆弾の被害を後世に伝えるため、実物資料の他、やけどを負った被ばく者の様子を人形で再現している。

プラスチック製の人形は、成人女性、女子学生、男児を模した3体。前に突き出された腕からは、溶けた皮膚が垂れ下がるなど、原爆が投下された直後の飛散の様子をリアルに見せつける。

この人形について、訪れた子どもなどが「トラウマになった」と語るなど、恐怖を覚えることは少なくない。広島市では14日の市議会で、2016年の記念資料館リニューアルにあたり、撤去する方針を示した。

現状の展示は海外から高評価
展示を見直すにあたって、同市では識者で組織した検討委員会にアドバイスを求めてきた。2010年にはこの検討委員会か「実物の展示を重視すべし」とする基本方針をまとめたため、今回「撤去」の方針が示されたものとみられる。

記念資料館の本館は2016~2017年に改修を予定している。これを機会に、入場料の値上げも検討されている。

現在の展示については、海外から高く評価する声が寄せられている。旅行情報を配信するサイト、「トリップアドバイザー」に掲載されたレビューは下記の通り。

Diegosjf (イギリス)「素晴らしい博物館」★★★★★
全ての人がこの博物館に行くべきだ----もちろん、全ての政治家もだよ。展示品はとても心が痛むものだが、可能な限り偏りない視点で扱われていると感じた。実際に何が起こったかという真実は、どんなに口当たり良く取り繕おうとしても意味がない。怒りと悲しみを感じたが、同時にもっと違った未来を作りたいと思った。この博物館は目的を達成してい。

Remickd (アメリカ)「アメリカ人なら行くべき」★★★★★
この記念館は第二次世界大戦末期の原爆による爆撃を扱っている。展示はとてもよくできていて、ジオラマ、写真、手記などではっきりと破壊の規模が説明されている。過度に大げさすぎることはなく、原爆による破壊についてとても公平な視点の記念館だ。アメリカ人だが、ちっとも居心地が悪い思いをすることはなかった。館内のスタッフや他の入場者の雰囲気によるものだと思う。ここへ来るために京都からわざわざ立ち寄ったが、明らかにその価値があった。(トリップアドバイザーより抜粋)
また、ネット上には「歴史を知らない方が怖い」とする意見も多くみられており、撤去方針の再検討を促す声が高い。

外部リンク

◆広島平和記念資料館
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/
Amazon.co.jp : 被ばく人形 に関連する商品
  • 「子ども」は「子供」に 文科省が表記変更徹底へ(9月1日)
  • ソチ五輪ピンチ! プーチン女性下着像で強制捜査(9月1日)
  • 要注意! 死亡率4割の新たなマダニ感染症が勢力拡大中(9月1日)
  • 「自爆」の次は賞金 年賀はがきお年玉1等賞に現金(9月1日)
  • 禁煙後の「食べてないのに太った」は本当だった スイスで新発見(9月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    税金&保険の新着30件






























    記事検索